ダイエットと脚やせ

脚は体の他の部位に比べると痩せるのが難しい部位です。
ダイエットは一般的に体を痩せるためにすることですが、普通にダイエットをしても体自体が痩せることができても、脚やせはできません。
そのため上半身は痩せていても下半身は太っているというバランスの悪い状態になることも珍しくはない話です。

もちろんダイエットが本当に脚やせに効果がないとは言い切れませんが、基本的に体のダイエットをする意味では脚やせの効果を期待することはできないでしょう。

ダイエットで脚やせができない原因は幾つかあります。

実際に脚が太ってしまう原因として脂肪が付いてしまうこともありますが、その付いた脂肪がセルライトと呼ばれるもの可能性があることです。

セルライトは脂肪が老廃物や水分を溜め込んで塊になってしまってできるものであり、ボコボコしているのが特徴です。
この脂肪は他の脂肪に比べると異様に取りづらく普通に運動をしてもエネルギーとして中々消費をすることができません。

他の原因として脂肪自体が原因になっているのではないという場合もあります。
特に多いのが「むくみ」と呼ばれるものであり、先のセルライトが原因でなってしまうこともあります。
むくみの原因にはダイエットに通じるものが存在する場合もありますが、中には違うものもあるため、それが原因でどれだけダイエットをしたところでむくみの脚には効果が出ないということもあるのです。

むくみ以外には筋肉が原因になることもあります。

実際に脚やせをするという観点ではセルライト、むくみ、筋肉とそれぞれどのように対応すればよいでしょうか。



■厳選リンク
エステティシャンを目指せる、脚やせ専門エステ「リフィート」運営の美容スクールです →→→ リフィート エステティシャン